解放感
up

解放感の画像
解放感の画像
解放感の画像
完成宅地価格
2400 万円
【内訳】
物件価格: 2280 万円
造成費用: 90 万円
解体費用: 0 万円
インフラ費用: 30 万円
造成費用・解体費用・インフラ費用は概算です。
プランによって異なりますので、よく現地調査をしたうえで見積もりを取りましょう

Mikataサイト独自の観点
【完成宅地価格で考えましょう】

 所在 千葉県流山市駒木
 交通 つくばエクスプレス線『流山おおたかの森』駅 から徒歩22分
東武アーバンパークライン線『豊四季』駅 から徒歩12分
 土地 135.52平米 (40.84坪)
 学校 小山小学校 / おおたかの森中学校
 お問い合わせ
道路条件
 
 
 
 
 
地形
 
 
 
 
 
高低差
 
 
 
 
 

Mikataサイト独自の観点
【一目で物件の特徴を見抜くバロメータ表記】

コメント

解放感ある緩やかな南傾斜の大型分譲地の角地区画。
新しい家が建ち並び、新しい街が形成されるのも大型分譲地ならでは。

【南傾斜】というキーワード
南にいくにつれて土地がの高さが下がっていく地形のことを南傾斜と言います。
南側を遮る物の高さ範囲が小さくなるので、南側に建物があっても南の陽がしっかり確保されます。南傾斜の土地は大きなメリットがあり、資産価値が高くなります。


対象地の北西側隣地のお寺さんにはお墓があります。
今から言う事には賛否両論あるかとますが(誤解を恐れずに)、筆者はお墓横の土地はいい土地と考えています。
隣地の大きな敷地に建物が建たないし、建替わるリスクも限りなく低い。
今現在解放感がある場所に、建替えにより日照や解放感等が妨げられるリスクの事でいえば、隣地が海や川・学校等の場合もそのリスクが少ない代表例です。しかし、いずれもハザードや騒音等の付随する物理的リスクが伴います。

建替えリスクが少なく、付随する物理的リスクも少ない。←これを考慮すると、世の中に「お墓」ほど、この条件を満たすものはあるでしょうか?(もちろん、「怖い」は心理的リスクとしてありますが、、) ちなみに、対象物件で心理的瑕疵がある場合(その物件で人が亡くなった等)は、物件の価値が落ちるという物理的リスクがあります。同じ「心理的」という言葉を使っていても、ここは一括りに考えないようにしたいですね。

MIKATAサイトは「不動産・建築業界の本音を伝える」事を一貫していますので、デメリット一方の条件を上手い口車で売り込むようなつもりはないのですが、この「お墓」については、筆者としては世の中一般的なデメリットのイメージよりも実際はメリットの方が多いのではないかなと考えています。

もちろん人それぞれ考え方が違うため、ご参考までに。

いい土地!

物件詳細

基本情報

所在地 千葉県流山市駒木
交通 つくばエクスプレス線『流山おおたかの森』駅 から徒歩22分
東武アーバンパークライン線『豊四季』駅 から徒歩12分
道路方向・種類 角地 北東・南西 公道・公道
道路幅員・接道幅 道路幅員 m・m 接道幅 6m・6m
土地面積 135.52m²
地勢 ひな段 土地状況 更地
建ぺい率 60 容積率 120
インフラ 公営水道 本下水 都市ガス
地目 宅地 国土法 不要
建築条件 無し 土地権利 所有権のみ
用途地域 ・第一種低層住居専用
法令上の制限
建築基準法43条但書 該当なし

※物件掲載内容と現況に相違がある場合は現況を優先と致します。