近隣商業地域の家
up

近隣商業地域の家の画像
近隣商業地域の家の画像
近隣商業地域の家の画像
完成宅地価格
6370 万円
【内訳】
物件価格: 5600 万円
造成費用: 260 万円
解体費用: 200 万円
インフラ費用: 310 万円
造成費用・解体費用・インフラ費用は概算です。
プランによって異なりますので、よく現地調査をしたうえで見積もりを取りましょう

Mikataサイト独自の観点
【完成宅地価格で考えましょう】

 所在 千葉県流山市西初石2丁目
 交通 東武アーバンパークライン線『初石』駅 から徒歩5分
 土地 350.37平米 (105.88坪)
 学校 西初石小学校 / 西初石中学校
 お問い合わせ
道路条件
 
 
 
 
 
地形
 
 
 
 
 
高低差
 
 
 
 
 

Mikataサイト独自の観点
【一目で物件の特徴を見抜くバロメータ表記】

コメント

100坪超の大きな敷地!
土地活用にも最適な大きな土地です!


一戸建て用地としても良し、アパート等の共同住宅を建てるでも良し。
選択肢の多い土地です。
一度は戸建て住宅を建てて、将来的に共同住宅を建てたり、敷地分割をして売却する選択肢もありますね。

【敷地分割の選択肢】
不動産は原則、一つの土地の面積が大きくなるにつれて坪単価が安くなります。
例えば、ほぼ同一条件の100㎡の土地と200㎡の土地があるとして、
①100平米の土地が例えば坪単価100万円(価格3025万円)
②200㎡の土地の方は坪単価80万円(4840万円)※因みに②を①と同じ坪単価100万円に合わせた場合は6050万円になる
というような具合です。(あくまでこちらは説明用なので、数字に詳細な根拠はありません)
不動産には場所によって価格帯に限界値があるため、大きな面積の物件の坪単価を小さな面積の物件の坪単価と同じで価格設定することが出来ないんですね。

上記を例に落とせば、例えば郊外で土地を探している人が「大きい土地に家を建てたいから郊外で探している。だけど6,050万円も出すなら、都内の利便のいい場所で100㎡超ぐらいのサイズの土地のほうがいいや」となってしまうのです。
100㎡あれば十分な広さの一戸建てが建てますからね。


要するに「一つ一つの面積を小さくする方が、総額で高く売却できる」ということです。
上記の例では、②の物件を①と同じ100㎡に分割して2つにして売却すれば、総額で売却値に差が出ますよね。

そんな具合で、敷地分割のメリットを享受することも考えることが出来る土地です。
今すぐにではなく、一度住んでから将来的に分割するという形でも、資産価値のある買い物ができるという意味で大変魅力的ですね。


県道47号線沿いにある土地の為、一戸建て用地としては騒音が気になる場所です。
また、隣地がガソリンスタンドのため、そのあたりも考慮して「住環境がいい場所!」とはいえないでしょう。

ただ特筆すべきはその利便性で、初石駅まで5分で歩けるうえに周辺には買い物施設がたくさんあります。

利便のいい「目立つ」土地で、こだわりの素敵なマイホームを建てるのもいいでしょう!
折角こだわりの家を建てるなら、見映えのする場所に建てたいという考えを持つお客様は多いですからね。

一戸建ての建築だけではなく、土地活用や資産価値の話もMIKATAはコンサルティングさせていただきます。
お気軽にご相談くださいね。


「選択肢の多い土地を持つ」素敵な事ですね!

物件詳細

基本情報

所在地 千葉県流山市西初石2丁目
交通 東武アーバンパークライン線『初石』駅 から徒歩5分
道路方向・種類 一方 南 公道
道路幅員・接道幅 道路幅員 17.3m 接道幅 10m
土地面積 350.37m²
地勢 平坦 土地状況 古家あり
建ぺい率 80 容積率 200
インフラ 公営水道 本下水 都市ガス
地目 宅地 国土法 不要
建築条件 無し 土地権利 所有権のみ
用途地域 ・近隣商業
法令上の制限
建築基準法43条但書 該当なし

※物件掲載内容と現況に相違がある場合は現況を優先と致します。