あまり他にないポテンシャル
up

あまり他にないポテンシャルの画像
あまり他にないポテンシャルの画像
あまり他にないポテンシャルの画像
あまり他にないポテンシャルの画像
完成宅地価格
2320 万円
【内訳】
物件価格: 1750 万円
造成費用: 230 万円
解体費用: 150 万円
インフラ費用: 190 万円
造成費用・解体費用・インフラ費用は概算です。
プランによって異なりますので、よく現地調査をしたうえで見積もりを取りましょう

Mikataサイト独自の観点
【完成宅地価格で考えましょう】

 所在 千葉県流山市駒木台
 交通 東武アーバンパークライン線『江戸川台』駅 から徒歩19分
つくばエクスプレス線『柏の葉キャンパス』駅 からバス 15分 停歩4分
 土地 293.5平米 (88.63坪)
 学校 八木北小学校 / 常盤松中学校
 お問い合わせ
道路条件
 
 
 
 
 
地形
 
 
 
 
 
高低差
 
 
 
 
 

Mikataサイト独自の観点
【一目で物件の特徴を見抜くバロメータ表記】

コメント

「南側をダダっ広くとれる」実はあまりない条件の土地。

とはいっても、すごく広い土地を面積が広い分高い金額を出して買えばそれは確かに可能です。
ただ、多くの場合はそんなことをするなら、「わざわざ高いお金を出してまでここまで広い土地はいらない。庭のためにそんなにお金はかけられない」となりますよね。
だったら「300㎡も土地面積はいらないから、150㎡で建物にお金をかける。150㎡でも庭は作れるし」
となるのが普通です。

この土地の良いところは、「すごく広くても手が届く範囲の価格帯で土地が買える」点です。

理由は、市街化調整区域であることで、坪単価が安い上に土地を分割することができないからです。
だから、「広くても手が届きやすい範囲」に価格が設定されやすいのです。

実際、293.5㎡の敷地が1750万円ですから。
坪単価で計算すると20万円を下ります。10万円台。

敷地を分割して(例えば仮に293.5㎡の敷地を半分にして146.75㎡×2つ)にでもできれば坪単価を上げて販売できる(普通はこうする)のですが、それが出来ないんですね。

なんだかややこしく書きましたが、結局なにが言いたいかというと
「だだ広い土地がお求めやすく買える」
というメリットがあります。
「色々見てきたけど、結局のところ敷地が大きくないとどこも画一的に見えてしまう」というお悩みを抱えている方、ご予算内でそれを実現することが出来ます。

北側にある前面道路は広いし、反対側の南側にはおうち1棟分ぐらいの庭を造ることが「現実的な予算」で実現できる。
そんなポテンシャルを秘めている土地。
市街化調整区域につき建物建築には行政に許可申請と許可を得る必要があります。
ご要望があれば、MIKATAが無料で手続きサポートも可能ですのでご安心くださいね^^

物件詳細

基本情報

所在地 千葉県流山市駒木台
交通 東武アーバンパークライン線『江戸川台』駅 から徒歩19分
つくばエクスプレス線『柏の葉キャンパス』駅 からバス 15分 停歩4分
道路方向・種類 一方 北西 公道
道路幅員・接道幅 道路幅員 8.8m 接道幅 m
土地面積 293.5m²
地勢 平坦 土地状況 古家あり
建ぺい率 50 容積率 100
インフラ 公営水道 個別浄化槽 都市ガス
地目 宅地 国土法
建築条件 無し 土地権利 所有権のみ
用途地域 市街化調整区域
法令上の制限 景観区域
建築基準法43条但書 該当なし

※物件掲載内容と現況に相違がある場合は現況を優先と致します。